このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください


子どもたちが本当に幸せになるには、 

大人たちが本当に成長するしかないでしょ???


この世界にある
“喜び”も“悲しみ”も

すべてはコミュニケーションから
生まれているもの。

だから、「大人」が
コミュニケーションを本気で学ぶ
研修です。


大人が「中から」本気で成長をする研修です。

研修の様子(主に研修後の感想です。)

こちらの動画は大人が本気で成長をしようと努力をしている研修の動画の一部です。

新卒保育士~園長、ベテラン保育士などの成長している姿が観られます。
また保育者が本当は日々何を思い、考え、悩み、喜び、毎日保育をしているのかや、大人が子どもたちのためにも自分自身が成長しようとしている姿もご覧になれます。

こちらでもご覧になれます


「子ども」と「大人」に一番大切なこと

動画をご覧になっても、解る人には解るように、
子どもを育てる保育者や保護者、大人にとって、
本当は何が大切なのか???

それは、大人同士が信頼関係を育み、
個々が「人」として〝成長〟をして行くことです。

「保育」とは何でしょうか?
「子育て」とは何でしょうか?
本当は、〝何をすること〟なのでしょうか?

子どもたちが育つ上で、最も大切なこととは、
子どもを〝成長させよう〟とする以前に、
大人が「自分自身」を〝成長させる〟
ことではないでしょうか。


日本保育連絡協議会の実施している研修とは、
そのための研修です。

子どもの未来のために創られて来た研修

全ての大人に最も大切な学び

「思いやり研修」

大人に「子どもにどんな人になってほしいですか?」と尋ねると一番多い答え。それは「思いやりのある人」です。

では、「思いやりとは何でしょうか?」その答えをきちんと答えられる大人はどれだけいるでしょうか???
思いやり研修を受講した多くの思いやりのある人は、「思いやっているつもりでした」と口にします。

思いやり研修は、“頭(思考)”と“心(感性)”を育むことから「思いやり研修」と名付けられました。

コミュニケーション能力の中の『意欲』『意識』『知識』『技術』までの全てを向上することのできる内容になっているため、どのような立場やどのような経験、能力を持っている人でも、その人にとっての大切なことに気付き自ら成長をして行くことのできる研修です。

また、思いやり研修は、〝コミュニケーション〟の『本質』を身に付ける研修でもあることから、保育や子育てをする上で接する子ども・大人・職場の同僚・上司・部下など全ての人とのコミュニケーションがより円滑になるための学びです。

自分や人に対して大切なコミュニケーションの『本質』がこの研修の中にあります。自分の中の価値観の成長や〝世界観〟に大きな変化を齎せられる研修です。

これから「選ばれる組織」が残る時代の上で、組織が存続していくために最も必要なものとは〝人財の成長〟です。思いやり研修は、組織が「選ばれ続ける組織」になるための研修でもあり、個人が組織から「選ばれ続ける人財」になるための研修でもあります。

「思いやり研修」の「思いやり」は、
全ての受講者への〝思いやり〟の意味でもあります。

「人生で一度は受けた方が良いコミュニケーション研修」

これからの時代に生きる子どもたちに最も必要な能力は「コミュニケーション能力」と言われ、その能力は同時にこれからの大人にとっても最も必要なものとも言えます。

コミュニケーション能力の〝重要性〟は世界的に近年特に増してきています。日本でも既に組織の採用活動や人財育成においてコミュニケーション能力は重要視されていますが、人口の減少やAIの進化などの影響からも、人間だからこそ持つ〝コミュニケーション能力〟の必要性はこれから更に上がっていくと予測され、海外では先行して社会性や感情のコントロールなどの対人関係構築スキルを身につける「対人関係能力育成」として子どものうちからコミュニケーションを学校で学べる環境も拡がっています。

人生で一度は受けた方が良いコミュニケーション研修は、自己を理解しコントロールするチカラ、他者の心情理解をし人の気持ちを推し量るチカラ、多様性のある環境で相互理解や問題解決のできるチカラなどを身に付け、人間関係構築力を本当の意味で育むための「人間にとって最も大切な勉強」と言える研修です。

1日の研修があっという間に感じるほど夢中になり楽しく、何より『本質』のコミュニケーションスキルを身に付けていける内容です。

〝コミュニケーションは大事〟と知ってはいても、なぜ人は、人との関係に最も悩むのか???

その答えは、多くの人はコミュニケーションの『本質』を実はそこまで理解していないからです。

だからこそ、人生で一度は受けた方が良いコミュニケーション研修は、コミュニケーションにおける真面目な内容を楽しく真剣に学びます。〝楽しむこと〟。それもコミュニケーションの『本質』です。

その名の通り、人生で一度は受けた方が良い研修であり、受けるほど人生を、人と自分を、大切にしていける研修です。

たくさん笑って、たくさん真剣に学ぶ。
それが、コミュニケーションの本質です。

見える人には見える「成長のレポート」

(内容は全文の中の一部です。)

- 本気で成長をしている新人保育士 -

本当に貴重な研修を受けさせて頂き本当にありがとうございました。1日の密度がこんなに濃いと感じたことは今までありません。今までの人生でいかに努力の足りない日々を過ごしてきたのかを、痛感しました。
様々なことを学ぶ過程で、矢印が自分に向いた自己中心的で感謝の心がない人間であることに気づいてきたからです。 そんな嫌な自分と向き合おうとせず、いつものように逃げ出そうとしていました。
しかし、白井先生が本当の優しさのあふれた指導をして下さり、次第に自分の弱点を見つめ、どうすれば良いのかを考えることができるようになりました。
マナーやコミュニケーション研修を受けていけばいくほど、いかに基本的なことが出来ていなかったことに気づくことができました。いつも自分の立ち位置から物事を考えていたために、客観的に自分をきちんと見るきっかけになった研修です。
今回の研修で学んだことは、絶対に忘れません。毎日の生活で実践していきます。
研修終了後のお時間の中で、様々なことを感じ、考えましたが、一番にある思いは、「自分の働く保育園をより良くしていきたい」ということです。この思いが今後も嘘になる事のないよう、常に思考することを忘れず、職場の仲間を、子どもたちを、もっと信じて自分にできることをしていきます。
社会人1年目で、白井先生という方に出会って、研修を受けることができて、その後、辛いことがあっても幸せと思うことの方が多いです。
ブラッシュアップ研修のときはダメダメな私でしたが、最近は、自分に余裕が持てるようになってきて、毎日楽しく子どもたちが可愛くてたまらなく仕事をしています。
ここまで来るのに悩んだことも沢山ありましたが、そのときに白井先生の様々な言葉を思い出して助けられました。まるで神様のお告げです。今では、この言葉の数々を仕事で悩む友人に伝え、私にはこんなにも素晴らしい上司の方がいると自慢しています。
白井先生にとっては、私という存在は小さな出会いだと思いますが、私にとっては、人生を変える大きな出会いです。
今までアルバイトとして先輩になった経験はありますが、社会人になってみて、先輩と上司は少し違うように感じていました。私にとって先輩とはティーチングのように正解や知識を教えるもので、上司は反対にコーチングのように傾聴して相手が考えて答えを見つけることだったのだと気づくことができました。ティーチング・コーチングの名前を知ることから始まりましたが、新卒の今のタイミングで、本質のさわりを学ぶことができたので、固定概念などには捉われずに、ティーチング・コーチングを身につけていけると思います。
保育士という仕事は、子どもに“正解を教えること”も“受容して子どもの考えや思いに傾聴し声かけをする”ことも、どちらも重要なスキルとなってきます。
保育園で日々子どもたちと触れ合い、仕事を覚える中で、嬉しいことも自信が無くなることもありました。しかし、研修を受けさせて頂き、成長をすると同時に「自分のプラスの課題」も「マイナスの課題」も見えて来るということを学び、成長し続けていくために、毎日段の低い目標を傾げ、ひとつひとつクリアしていこうと思います。
白井先生、研修を受講させて頂き、お忙しい中、本当にありがとうございました。20年間生きてきた私にとってこの研修はとても濃く、気付き、苦労、喜び、さまざまな感情がどーん、と身と心に押し寄せて来て、こんなに頭を使ったことは無かったですし、一日一日が大きなハードルのようでした。
今回のこの研修で初めての経験がたくさんありました。マナーやホスピタリティなど考えてきたことはありませんでしたし、研修を終えた今、なぜこんなに大切なマナーやホスピタリティを考えず学んでいなかったのだろうと思いますし、学ばないまま生きていってしまっていたらと想像するととても恐ろしいなと思います。
そして、自分自身のものさしの短さと、矢印が自分にしか向いていなかった今までを振り返ってみると、反省しなければならないことがたくさんありました。
忘れることができない素晴らしい研修になりました。本当に本当にありがとうございました。
私は面倒くさがりで、様々なことを後回しにするところがある。「まだ大丈夫」「私にはできない」と自分の中のリーダーを都合の良いように動かしているのだと感じた。
社会人になり半年が経って、学生の頃よりも失敗することが成長につながることを身を持って感じた。トップダウン思考を持ち、目標から逆算して言動をすることで主体性をもつことができるのだと学んだ。
保育者としてまだまだ経験が浅い私は、保護者から子どもの相談を受けた時などに、アドバイスや助言というよりも、ただ話を聞くことしかできないと思っていた。しかし、心から共感して、答えは出なくても「一緒に考える」ということは行っていなかったのだと気が付いた。今までのような共感の皮をかぶった同調ではなく、保護者の心にとことん向き合い、同じ気持ちを共有するところから始めていきたい。
今後、より理解を深めていくことは、<共感>について、自分が今まで行っていた共感は何だったのだろうと考えさせられた。研修資料を見直したり、自分の行動を振り返ったりして、さらに<共感すること>について理解を深めていく。
こんなにも心を動かされたのは初めてでした。私は今まで、相手に与えている印象に興味がありませんでした。「どう思われても良い」「わかってくれる人だけで良い」と考えていました。しかし、それはとても損なことでした。今回の研修で言うと、講師の方々、チームの皆さん、こんなにも素敵で大好きな人たちですが、皆さんからの、初めの私の印象はあまりよくないものではないかと気付けました。
今回はこのような場だったので、研修で顔を合わせ、皆さんと深く関わりあい、関係を築くことができましたが、出会っていた場所によっては、私の印象のせいで、仲を深めるチャンスを失っていたかもしれないことに気付きました。
印象一つで、未来が変わってしまうことがあるのです。後悔しても遅いので、気付いた今からなりたい自分になります。
研修が終わった後、この研修で学んだ気付きをどれだけその後に活かせるかが本当に大事だと思います。
私よりも私のことを信じて下さり、真剣に向き合って下さり、本当にありがとうございました。
今までアルバイトとして先輩になった経験はありますが、社会人になってみて、先輩と上司は少し違うように感じていました。私にとって先輩とはティーチングのように正解や知識を教えるもので、上司は反対にコーチングのように傾聴して相手が考えて答えを見つけることだったのだと気づくことができました。ティーチング・コーチングの名前を知ることから始まりましたが、新卒の今のタイミングで、本質のさわりを学ぶことができたので、固定概念などには捉われずに、ティーチング・コーチングを身につけていけると思います。
保育士という仕事は、子どもに“正解を教えること”も“受容して子どもの考えや思いに傾聴し声かけをする”ことも、どちらも重要なスキルとなってきます。
保育園で日々子どもたちと触れ合い、仕事を覚える中で、嬉しいことも自信が無くなることもありました。しかし、研修を受けさせて頂き、成長をすると同時に「自分のプラスの課題」も「マイナスの課題」も見えて来るということを学び、成長し続けていくために、毎日段の低い目標を傾げ、ひとつひとつクリアしていこうと思います。

- 年齢や経験に関係なく本気で成長しつづける保育者 -

園長

本日は、ありがとうございました。本当に貴重な時間となり、気持ちが満たされたような感覚になりました。
白井さんの言葉で園長の自分を承認して頂けて、自分の中にある自信のなさや不安のようなものが研修中なくなっている事に気づきました。それと同時に本当の意味での相手の立場になることを知りました。研修の内容一つ一つもそうですが白井さんの言葉、そして職員一人一人の身になったコメントが本当にすばらしいと思い、マネジメントする上でとても必要な力だと感じる瞬間が沢山あり勉強させて頂きました。プロとして、職員・子どもの鏡として様々なお話の中で、課題が見つかり、そして園としてのこれからも見えてきました。
本当に素敵な時間でした。感謝しております。支えになって下さる方がいると思うと日々がんばれます。また白井さんとお話したいです。ありがとうございました。
保育士7年目

今回白井さんの思いやり研修を受けて、自分は社会人になって7年目ですが、まだまだプロにはなれていないなと感じました。人のせいにせず自分の失敗を受け止めるようにしてきましたが、心のどこかで「でも、だって、」と完全には自分の責任だと認めきれていなかったのだなと感じました。マナーやプロ意識はずっと気にかけているようにしていかなければなと思いました。心の矢印や鏡の法則を通して、人との向き合い方について考えることができました。普段から自分は心の矢印を相手に向けているのか、相手がコミュニケーションを取りやすいような態度、表情で聞けているのか振り返り、反省することができました。また認承し合うことで相手に喜んでもらえたり、自分の自信につながるよい経験ができました。
一緒に働く先生方や子どもたち、保護者の気持ちによりそって行動していくことの大切さを学ぶことができました。ありがとうございました。
保育士3年目

今回も身になる研修を受けさせて頂き、ありがとうございました。全ての内容が心に響き、今までで一番吸収できた研修となりました。
「イヤだと思う先生」のワークでは『子どもの心情理解』という言葉をたくさん聞きましたが、何年も働いていると固定概念が生まれやすく、子どもを理解しているつもりになってしまう事があると思います。否定的に捉えてしまったり、言ってしまう事が多いのが課題でしたが、「全ての保育に背景がある。理由や原因を考えることが大切」と教えて頂き、自分の意見は感情論になっている事が多かったと改めて感じました。自分がそういう態度になってしまうと、人とのコミュニケーションもとりづらくなっていた事にも気づき、まず相手から意見を貰いやすい、頼って貰える人になれるよう否定をするのではなく「何故こう言っていたのか?」「どんな背景があったのか」を、意見と事実を分けて聞いていくようにしていきます。
園長

今日の白井先生の研修を受け、園長として4月からの新体制になってから悩んでいたことの答えが見えてきたように感じました。「心の矢印は相手に向いていたのか」「コミュニケーションが足りていたのか」「自分の立ち位置や背景で物事を見ていて相手の見え方を知ろうとしていなかったのではないか」など1つだけでなく様々な要因があり一つ一つ解決していけば悩みではなくなり、解決すると感じました。
捉え方1つで前にも後ろにも向けてしまうと思ったので、前を向けるような捉え方をしていきたいと思います。また、知っていることの理解を深め、自分のものにしていきながらも世界観を広げるため、保育だけでなく色々な分野について学ぶ努力を意識していこうと思います。
今の現状に満足せず成長する努力をし続け、「本物の主体性」について考え、皆の目指すプラスのゴールに対し働きかけていきたいです。
「できてあたり前」「わかってあたり前」と思わず、人それぞれ見え方や理解の仕方が違うことを意識する。
本部社員

2か月ほど前から社内でのコミュニケーションで悩んでいた。
「こちらからの質問に明確な答えが返ってこない」「話がかみ合わない」「愛が無いように感じる」など、いちいちイラついて、段々と私の口調や表情に、そのイラつきが表れるようになっていたと思う。でも今日の「鏡の法則」のワークをして、こういう状況になったのは、自分からの投げかけにも原因があったと気づいた。「自分はこうしてほしいのに」という気持ちばかりが先に立っていた。相手に伝わる投げかけができていなかった。攻撃的にならず、どうしたらキャッチボールになるのか、伝わる言い方ができるのかを考えることが必要だと思った。
苦手だなと思う人も、こんなことを頑張っているんだなと良いところを見つけてプラスのコミュニケーションをとる。今までは頭で考えていることがあるのに自信がなく発言ができなかった。これからは正しい、まちがいではなく、自分が考えて出した答えに自信を持って、勇気をだして発言したい。
異業種からきた保育士

本日は研修をしてくださりありがとうございました。私には今日1日すべてが学び、そして気づきでした。
たくさんインプットをして理解出来ることが多かったのですが、いざ今すぐやろうとなるとほんの少ししか意識できないくらい1日が濃かったです。1つずつ、1つずつ意識していき、少しずつ自分が意識しなくても出来るようになるまで忘れずに続けていきたいです。
“本物のプロ”について、保護者からはどうしても“プロ”として見られるため、毎日不安ばかりでした。ですが、今日の研修を通して“経験がなくても、分からなくても”“一生懸命に解決しようとする姿勢”が保護者は見てくれているんだなと安心したので、一生懸命さを取り柄にしていきます。自信にも繋がり、もっと頑張ろうという前向きな気持ちになりました。
思いやり研修、正直今まで受けてきた研修の中で一番タメになりました。今までのもタメになっていないわけではありませんが、1番理解出来て、具体的に考えられました。
保育士3年目

今回も身になる研修を受けさせて頂き、ありがとうございました。全ての内容が心に響き、今までで一番吸収できた研修となりました。
「イヤだと思う先生」のワークでは『子どもの心情理解』という言葉をたくさん聞きましたが、何年も働いていると固定概念が生まれやすく、子どもを理解しているつもりになってしまう事があると思います。否定的に捉えてしまったり、言ってしまう事が多いのが課題でしたが、「全ての保育に背景がある。理由や原因を考えることが大切」と教えて頂き、自分の意見は感情論になっている事が多かったと改めて感じました。自分がそういう態度になってしまうと、人とのコミュニケーションもとりづらくなっていた事にも気づき、まず相手から意見を貰いやすい、頼って貰える人になれるよう否定をするのではなく「何故こう言っていたのか?」「どんな背景があったのか」を、意見と事実を分けて聞いていくようにしていきます。

研修を受講した保育者たちの声

研修を受けた後の園や組織の声
〝子どもたちの様子が明るくなった〟〝より質の高い保育を皆が考えるようになった〟〝保護者からの反応が良くなった〟〝あきらかに保護者の反応が変わった〟〝園の雰囲気が良くなった〟〝園の雰囲気がより明るくなった〟〝職員間でより話しやすくなった〟〝意見を皆が言えるようになった〟〝研修の内容が共通の言語になって、共感の上で何かを決められるようになった〟〝全体的に主体的になった〟〝同じ方向を向けるようになった〟〝団結力が生まれた〟〝一体感がさらに強まった〟〝職員がよく考えるようになった〟〝採用したい人を採用できるようになった〟〝プロ意識などの基準が高くなった〟〝職員の成長が大きく感じられるようになった〟
〝人生単位〟の声
「コミュニケーションが楽しくなりました!!!」「プライベートでも子どもやパートナーに優しくなれました」「最近一緒に暮らしている親が楽しそうです」「人生観が大きく変わりました」「勇気が持てるようになりました」「考え方がプラスになりました」「何かがあっても踏ん張れるようになった」「悩んでいたことの答えがわかるようになった」「闇から抜け出せました」「強くなった」「多少の事ではめげなくなった」「これまで勿体無いことをしていました、残りの人生を楽しみたいです!!」「家族や周りの方々に感謝をする気持ちを持てるようになりました」「親にも貰ったことのない愛情を貰いました」「プライベートでの家族との関わり方が変わり以前よりとても幸せになりました!!!!」
一人ひとりの人の大切な声です。
一人ひとりの人の大切な声です。
研修受講者のその他の声
「本当に自分のためになった」「子どもの立場に立ったコミュニケーションがとれるようになりました!!」「子どもにアンテナが張れるようになった」「子どもへの声掛けが変わりました」「子どもがさらに好きになりました」「保護者応対で信頼関係を創れるようになりました!!」「保護者応対が苦手ではなくなりました」「苦手と思っていた保護者と信頼関係が築けるようになりました」「職員同士の連携がよくとれるようになった!」「本部の方との関係性が良くなった」「今までいかに考えていなかったに気付きよく考えるようになった」「当たり前の基準が変わりました」「人前で話せるようになりました」「人前でこんなに自信を持って話せたのは生まれて初めてです」「悩みを上司や仲間に言って良いことを知れた」「自信を持てました!!!」「仕事への意識や姿勢が向上した」「あきらめないで頑張ろうという気持ちになった!!」「問題や悩みの解決方法がわかるようになった」「一人で考え込む前に解決できるようになった」「少し嫌なことや大変なことも頑張れば変化が起きる事を知れました」「人に目を向けて人の頑張りを認めようという意識が強くなった」「自分の頑張りを認めてくれる人がいることを知れました」「〝保育士としてのプロ〟の考え方が変わりました」「面接の概念が全くと言えるほど変わりました」「もう関係性を築けないと思っていた部下と関係性が築けるようになりました」「質問力が自分の課題だったので研修で大きなことに気づけました!!!」「実は辞めようと思っていたのですが、続けていけます」「慢心していたことがはずかしいです。。(笑)」「他の会社に行きたくなくなりました」「この研修を受講した人がいる職場にいたくなった」「寝なかった研修は初めてです」「〝これが研修なんだ〟と思いました」「感覚で捉えていたことが整理されました」「むずかしい内容のはずなのに分かりやすかったです」「もっと早く受けていれば。。」「もっとたくさん受けたかったです」「本当にあっという間でした。。。」「これまで受けた研修で一番楽しかったです!!!」

(参考として)
これまで行ってきた研修の概要

研修 思いやり研修 / 人生で一度は受けた方が良いコミュニケーション研修
もっと結果を出すための具体的な保護者応対研修/もっと結果を出すための具体的な採用面接研修/もっと結果を出すための具体的な人財育成研修
【もっと結果を出すための具体的な色々な研修】マナー研修 / ホスピタリティ研修/応対研修 / クレーム応対研修 / 文章研修 / TEL研修 / リーダーシップ研修 / №2研修/保育業界について / 不適切保育について
実施概要 〈実施時間〉8時間/1日(昼休憩除く)※半日等は要相談
〈実施回数〉1回~可 (例:1回、3回、6回、12回 等)
〈受講人数〉4人~20人/1回 ※20人以上は要相談 (人財採用研修、№2研修に関しては1人~可)
対象 〈対象業態〉認可保育園/小規模保育所/認証保育所/認定保育園/企業主導型保育施設/事業所内保育所/院内保育所/学童保育施設/幼稚園 / 保育関係団体/コミュニティなど
〈対象運営者・対象規模〉特に決まりはありません
〈対象者〉保育士/園長/主任/栄養士(調理師)/看護師/本部職員(採用、管理者、SV、事務)/経営者(可)/すべての保育関係者/保護者/親子など
日程・費用 要相談 日程…スケジュール調整のうえで決定 費用…回数や内容によって決定
備考 現在はマスク着用で研修中 合同研修可
日程・費用 要相談 日程…スケジュール調整のうえで決定 費用…回数や内容によって決定
日本保育連絡協議会officialサイト


Contact

研修のご相談・お問い合わせ
研修のご相談・お問い合わせは、下記フォームからお願いいたします。送信後に担当よりご連絡差し上げます。
(研修のご予約は混雑していることもございます。予めご了承ください。)
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
送信内容やご相談内容の取扱いについては個人情報保護方針をご覧下さい。
日本保育連絡協議会